新しい金融商品の魅力とは

「差益決算」と「レバレッジ」が少ない資金でFXを始められる理由です。

少ない資金で始められる仕組みがある

新しい金融商品の魅力とは
FXが少ない資金で始められる特徴のひとつは「差金決済」です。
これは取引した価格の全額をやり取りせずに、その差額だけを決済する方式のことです。
たとえば、差金決済をしないで10万米ドルを100円で買ったとします。
最初に1,000万という莫大な資金が必要になります。
それを為替差益が出ているからといって101円で円に戻したとしましょう。
手数料を考えずに単純に1,010万円が戻ってくる計算になります。
つまり10万円の利益です。
ここで問題になるのは、10万円の利益を求めるのに1000万円もの資金が必要になるということです。
これでは、個人ではとても無理です。
せっかくチャンスがあってもお金の余裕のある人だけのFXということになってしまいます。
こんなに大きなお金を必要としなくてもよい方法、それが差金決済です。
一言でいうと「利益・損失のみを後で決済する」のが差金決済です。
たとえ、10万米ドルを持っていても、持っていなくても差益損益はプラスマイナス10万円です。
株式のように買ったものを企業業績の向上など、長い目で値段が上がるということを重要視したスタイルとは違って、FXでは、値段のやり取りだけが重要視されます。
もちろん株式でも安く買ったものを高く売り、利益を得るというのはFXと変わりはありません。
しかし、発行する企業の資金調達の場という役割を考えれば、株式に差金決済という発想がないのもわかります。
10万米ドルの値動きで発生するのは10万円だけです。
決済して円に戻さないと利益にならないのであれば、発生した10万円に対してのお金を入れてくれればOKという発想が生まれてくるのも当然です。
もうひとつの特徴は「レバレッジ」にあります。
レバレッジの効くFXでは、証拠金を差し入れると、レバレッジの倍数をかけた金額で取引が可能になります。
たとえば1ドル=100円とすると、外貨預金では100万円で1万ドル外貨預金できます。
しかしFXではレバレッジ5倍で証拠金20万円を差し出せば、1万ドルの外貨を取引できるのです。
レバレッジ20倍で証拠金5万円です。
レバレッジの倍率は、取引業者によって幅が異なり、設定された範囲内で投資家が自由に選択ができます。
レバレッジは、利益も大きいですが、同時に損失も大きくなります。
そのため、ほとんどのFX会社は、ロスカットという制度を設けています。
これは、保有の通貨、または口座全体の評価損が一定水準に達した時、さらなる損失の拡大を防ぐために強制的に決済する制度です。
大きな倍率のレバレッジをかけると、このロスカットがされやすくなってしまいます。
こうしたリスクもしっかり把握しておくことが重要です。

関連キーワード

Copyright (C)2017新しい金融商品の魅力とは.All rights reserved.